スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

サークル:りんごジュース
同人活動したり、イラスト載せたり。

Pixiv:http://www.pixiv.net/member.php?id=3159356
気軽にコメント、評価等してくださると喜びます!

Twitterアカウント:@Ryuzaki_mk

なにかご連絡等ございましたら
Twitterまたはryuzaki.ringo@gmail.comへ
スポンサーサイト

神のみぞ知るセカイ


神のみの最終話が掲載されて、早いことにもう1週間たったのですねー
神のみが終わることがわかってから、単行本を読み直していたのですが
まー・・・なぜか読み進まない・・・
最終話読んだ後にすぐに感想書こうかと思ったのですが
せっかくだから読み直してからとか思ったせいで
1週間たってしまってからの感想に。
まぁ無事1~25巻
それと残ってたサンデーFLAG.263~最終話まで
読み終わったので、うまくまとまりそうもないですが一応感想を。


とりあえず、最終話を読んだ時の素直な感想を一言で表せば
「ふーん」
でしたね(
なんだか終わる実感が全然わかなかったです。
今も終わった感があまりないですが(
ふーんとか言っておきながら、別に不満はないです。
細かい伏線の回収とか気にしないタイプですし、
(伏線とか回収してくれないと忘れちゃうタイプ)
重要なところはだいぶ回収してあった気もします。
ヒロインでだれか特定のキャラをすごく推してたわけでもない(ある程度するとみんな好きとか言い出すタイプ)から
誰とくっついてもいいと思っていたので。
(かのんちゃんは1ヒロインというより、アイドル的な面が大きい)

主人公がいろいろな経験をして、新たな考えを持ってこれからの未来に進む。
という終わり方は少年漫画してるし、結構好きな終わり方。
なので、不満はないですねー
ただ、満足もしていない!!

これは勝手な期待でしたが
きっと、もっと驚くようなエンディングがあると思ってました。
桂馬が誰か1人を選ぶとは思ってもいなかった。
ハーレムエンドも選びはしないだろうなぁと。
きっと、僕には想像できないエンディングがあるのだと
“落とし神”ならそんなエンディングを用意してくれると期待していました。

まぁ最後はもう落とし神ではなかったのでしょうね。
これが、神が選びしエンディング。と煽りが入ってましたが
落とし神の桂木桂馬が選んだエンディングというか
高校生の桂木桂馬が選んだエンディングなのかなって。
(伝わらなさそう)

でもまぁ、僕は最後まで落とし神でいてほしかったのかな。

桂馬がちひろを選んだことには驚きましたよ!
桂馬は、ちひろが好きだったんですね・・!
誰か一人選ぶとしたら、ちひろを選ぶのは自然だったのでしょうが
先に誰か言ったように1人選ぶとは思ってなかったので。
まぁちひろは、
攻略のあと桂馬自身が現実について考え始めたキャラですし
女神篇の件もありましたしで、伏線はたくさんあったのかなぁ。
個人的には神のみは、ちひろ攻略後の桂馬が現実について考え始めたところで終わってるというぐらい、あのシーン好きですし、
神のみのテーマ的なのはそこなんだろうなって。
なので、漫画は4、5巻アニメは2期で終わっていてもいいぐらい(
(女神篇や過去編が蛇足と言っているわけではない)


残ってる謎はディアナにどうして翼が戻ったかかなぁ。
天理はこれからのことを話したと言ってましたが
あの手紙の内容を全部教えたってことかな・・?
桂馬と結ばれることはないと、わかっている上で
もしかしたら違う未来もあると希望持って
桂馬を好きで居続ける、天理の愛の深さによって
翼がもどったとか、そんな感じ・・?

あとはエルシィの件かな・・?
ふわっとした説明でばばーっと終わったエルシィの件(
最初、一番の悪玉はヴィンテージだと思っていて
ヴィンテージは旧地獄を復活させるために駆け魂を復活させようとした。
そこに女神の力が邪魔だから排除しようとしていた。
と思ったら、実は真の悪玉はサテュロスってやつらで
そいつらは大きな戦争を始めるための力を欲している。
その力を手に入れる生贄のために女神の力が欲しかった。
だからヴィンテージを利用して女神をおびき寄せた。
そして戦争を始めるための力が実はエルシィでした!!
っていう認識であってるのかな・・?
エルシィを悪いことに使わせないためにドクロウが生まれ変わらせて
桂馬たちと過ごさせたと・・・
つまり、アルマゲマキナの英雄でもあって
神のみ全体の話のほとんどはドーちゃんの計画だったと!!
つまりつまり、ドーちゃんすげぇ!!ってことですね((
(結論投げやり)

やはり女神篇以降は少しややこしすぎるぜ・・(


まぁそれはおいておいて
読み直して思ったのは、やっぱり攻略編が一番好きだなぁー
長瀬篇とかが特に好きでしたし。
女神篇とかも好きですけどね。
過去編は始まりを創りに過去に来た。というところは
最初に読んだときは感動した記憶ある。
元ネタというか参考にしたような作品とかあるのかもですが
あまりいろんな作品知らないので、純粋にすげーとか思いましたね。

まぁトータル神のみという作品には満足してます。
話は面白かった。
ヒロインはかわいかった。
主人公はかっこよかった。
アニメはよかった。
音楽はよかった。
イベントは楽しめた。
不満を言うところは全然ないので、いい作品でした。

あ、ただハクアがエルシィのこと思い出せないのショックなので
描き下ろし期待してます・・・
なんだかんだで、ハクアが一番好きになりそうな気もしてる。
最終話一話前の成長した姿とか超よかった。

なんだかツイッターとか見てると
皆思うところがあるみたいで、ファン力高いなぁーと思いましたね・・・
神のみ知ってから、自分にとってはオタクやってる一番の原動力みたいな作品だったのに
終わってみれば、案外思うところが少なくて、自分のファン力が低いのかなぁ・・・と
ショックを受けてた(


それにしても、めちゃくちゃハマった作品が
いろいろすっとばして、巻で終わっていくのですが
これはなんなんですかねぇ・・・(
1つ目はネギま。2つ目は神のみ。
一番の原動力がもうなくなってしまったよ・・・
ネギまのときは神のみにだいぶシフトしてたからよかったけど
今回はまだ何もないよぉー・・・
なんだか神のみの読み直しがすぐ終わらなかったり
新アニメのチェックとかも疲れはじめてるのは
きっとそのせい(
冷めたというわけではないけれど
MAXに燃えてたのが、ちょっと落ち着いたのかな。
これからは、しばらく落ち着いてオタクしそう。


なにはともあれ
神のみを知ったのはアニメ1期のころで
それから約3年ぐらいですかね?
がっつり楽しませていただきました。
このぐらいハマると一生好きなモノになるだろうし
それだけでも出会えていい作品でした。
6年間連載お疲れ様でした。

パースエクスプレス



パース・・・   エクスプレース!!

強そう(

ということで、背景美塾さんのパースエクスプレスというイベントに行ってきました。
背景講座初級編を修了した人向けのパースに特化したイベントでした!
4月の予定が出た後、内容もよくわからないながらも
パースエクスプレスとかいう必殺技の名前っぽそうなものがあり
半分勢いで申し込んだわけですが
行ってよかった!!

初級編は背景についても、パースについてもなにもわからないまま受けたこともあってか
3日間終わったあとも正直なんだか漠然としたまま終わってしまったのですが
今回のパースエクスプレスを受けて漠然としていたものに、だいぶ理解が深まった気がしてる!(

初級編は
アイレベルが上にあると俯瞰したものでー下にあるとー・・・とか
2点透視は消失点が近いとー・・・とか
分割というものを使うとー・・・などなど
個人的には”公式”を教えてもらった感じ。
たくさん公式を教えてもらったりして、もちろん楽しかったのですが
まぁ頭はいっぱいいっぱいになり
いざ、使ってみようと思うと、あれーどうなんだっけかな・・・みたいな感じでした。

今回のパースエクスプレスは初級編のおさらいを基礎に
パースについてより詳しく説明してくれるという授業で
個人的には、初級編で教わった公式が、なぜそうなっているのかという
理由がわかったイベントでした。
さらに初級編だけ聞いた時よりも、実際に使いやすいというか
初級編ではなんとなくわかったけど、まだ背景を描ける気はしていなかったのが
今回で、ちょっとは描けるんじゃないか?ぐらいにはなりましたw(
(気持ちの問題ですが、個人的には大事!)

理解がすごい人は初級編だけでもわかるのかもですが
僕は両方受けてないと無理だなぁと実感。
世界の見え方の縮小図みたいなやつ(うまく説明できない)があるのですが
あれすごいですね!
透視図がおかしくなる理由が、あれにすべてつまっていたw
理由がビタッとはまったので、個人的には
後半あの図すごいわーとか、ずーっと思ってました(

帰宅してから初級編で描いたものとか見ながら
今回の授業聞いてないと、たぶん長すぎる廊下を描いて
理由がよくわからずに混乱するタイプだったのだろうなーと
思いました。


僕はキャラを描くときは好きな構図とかを考えて描くのに
背景は綺麗な背景がいいなーとか漠然としか考えてなくて。
初級編でも、パースとかにとらわれ過ぎないようにと言われていた気がするのに
綺麗な背景描きたいから、まずはパースを使いこなさないと!
と思い込んでいて
肝心の描きたい構図の背景を考えていなかったと気付きましたね。
綺麗な背景=パースを元ではなく
描きたい絵が元にあって、その描きたい絵を綺麗にするために
パースを使うということにようやく気付きましたw
(初級編で気付けと言う感じですがw)
そうなると、好みの差はあれど
キャラクターも背景も同じだなーと。
描きたいものがあるから、描くわけで
なぜか背景となると世界観出すために「描かないと」
でも描けない。めんどくさい。となりがちだったのが
描きたいから、描くに変わればキャラも背景も同じですね。
背景美塾は知識とかもすごいけど
なにより意識が変わるのが一番うれしいことですね。


夕方からの授業だと
ご飯食べちゃうと眠くなっちゃうからヤダな―とか
思って食べないのですが
食べないとお腹鳴るっていう難点も!
チョコパイいただいて食べた後の
胃に血の持っていかれようが正直やばかった!(
中級編とか受けるときは軽く食べて行こうと決意しました・・・
中級編はB&Tというやつがすごく気になりますね・・・
時間とお金の都合がついたら受けたいですね~

わりとペース早く受けてる気もするけど
時間あるうちにいかないとね・・!


最後にリッポウちゃん!
どうやら我が家のリッポウちゃんも増殖するらしい・・・(
リッポウちゃん2
今回学んだことを生かすと
このリッポウちゃんたちは一点透視で描けそうですね・・?
でもちょっと広角気味だから~・・
(間違ってたら恥ずかしい())

Ribbon Illusion

1stコンサートRibbon Revolutionから2年。
ハヤテのごとく!×神のみぞ知るセカイ ジョイントコンサート2013 本日満開桜色!から10か月。
待ちに待った
中川かのん starring 東山奈央 2nd Concert 2014 Ribbon Illusion
行ってきました!!
1stは参加できず、ブルーレイを見てからずーっと待ってた2ndコンサート。
ジョイコンからの経験からきっと終わったら大興奮。
そのまま駄文をならべて感想を書くのだろうなとか思っていたのですが
終わってみれば、興奮と感動とそしていろいろと考えさせられてしまい
1日丸々と考え込んでました。
まだちゃんとまとまっていない気がするし、まとまることはないのだろうなと思ってます。
ただ、記憶が鮮明なうちに、ある程度まとまったところで感想を残しておきたいので
ここらで適当にダラダラと正直に思ったまま感想を書いておきます。

まずはセットリスト。
SE プロローグ映像 1 青春パラダイス 2 かのん100% <MC>
3 ろまんてぃっく愛情 4 サマーボーイ 5 バレバレ・バレンタイン 6 秋色片想い
<MC> 7 キズナノユクエ 8 アイノヨカン 9 コイノシルシ
SE アポロが紹介する秋葉原UDXデビューイベント映像 10 想いはRain Rain
11 君色ラブソング 12 恋に落ちたサンタ <MC> 13 YES-TODAY 14 ALL 4 YOU
15 ウラハラブ SE Shining Star(かのんダイジェスト映像)
16 らぶこーる 17 愛・おぼえていますか <MC>
18 瞳からスノー 19 桜色卒業
<MC> 20 LOVE KANON 21 夏色サプライズ 
22 ハッピークレセント
<MC> 23 ダーリンベイビ

<ENCORE> 24 想い出がいっぱい <MC> 25 歩いていくもん

かのんちゃんの曲すべてを歌い上げる、計約3時間も行われた
まさに中川かのん100%の素晴らしいコンサートでした。
公式の言い回しをすれば、光の伝説<イリュージョン>でしょうか。

最初から順に、印象深いところから感想を書いていくと
最初のプロローグ映像で既に泣きそうになってました(
まぁなんというか、この映像を見て、ようやくこれたソロコンサートへの感慨深さと
もしかして、これでかのコンは終わるんじゃないかという予感から。
ラジオでも奈央ぼうが既に「かのんちゃんの集大成になるのではないかと。」
という発言をしていて、アニメも2期+女神篇まで終わり、
原作もこのままエンディングを迎えてしまいそうな感がどうしてもしてしまい
ずーっと楽しみに待っていたにもかかわらず、日が近づくにつれ
なんだか開催しないでほしいなぁというウラハラな気持ちもありました。

そんな感慨深さを感じながら幕があいて1曲目、青春パラダイス。
ついに目の前に現れたかのんちゃんでテンション一気に上がった...が
バンドメンバーがいない!!!!!
楽器も一切ない!!!
これは正直ショックで、テンションも下がってしまった。
1st、ジョイコンと生バンドで、かのんライブといえば生ライブ。
そんな印象と期待もあって、テンション下がってしまった。
それでも、待ちに待ってたかのんコンサートですからね。
歌が始まればどんどんテンションあがっていくわけですがw

どうやら今回のステージのイメージはかのんちゃんのお庭。
お庭にはポストがあって、そこに何が入ってるのか・・!
お水。
これ面白かったーwなんか洒落ててイイネ。
まぁ案の定お水飲めば、毎度恒例「お水おいしいー!?」
と聞いてくる野郎ども。
「どうしてみんなお水おいしいって聞いてくるの?」と
かわいく返してましたねーw
「お水おいしい?」の最初の1回はなんか恒例っぽくて
良い気がしてたんですけど、そのあと飲むたびに聞く野郎はどうなんだって気がしてた。

1stコンサート同様、Colorsの曲順に歌って行って、途中Birthの曲、らぶこーるハピクレを
入れていくのかなぁとかいう甘々な予想をしていたのですが
3曲目でいきなり、ろまんてぃっく愛情。
赤い照明と色っぽい感じのダンスを披露。
初めて聞いたときは、かのんちゃんらしくない感じと昭和感というかなんというか
そんな感じで思わず笑ってしまった曲。
聞けば聞くほど好きになっていった曲だったので、素直に楽しんでました。
3、4、5、6と落ち着いて聞く曲の間にノリノリで聞く曲を挟んでいて
この構成が個人的には好き。(まぁどのライブでもそうなのかもしれないけど)
そしてこの後のエンディングメドレー。
神のみの曲ってホントにどの曲も素晴らしくて
まさに神曲ばかりだと思ってるけど、中でもEDはホント好き。
神曲のなかでも神曲。(もはや意味不明感
それがメドレーで。
しかもかのんのソロはないはずのアイノヨカンまで。
ここでとりあえず1回目の涙腺完全崩壊してた。
このころには生バンドじゃないとか、かなりどうでもよくなってた。
来られてよかった。ただただそう思ってた。

EDメドレーが終わると衣装替え。
つなぎになんとアポロのナレーションによるUDX映像。
UDXのころはイベント行くとか考えたこともないころだったので
うれしい映像でした!アポロでナレーションも素晴らしい。
余すところなく本当にかのん100%のコンサートだなぁと思ってみてた。

映像、衣装替えが済むと雨音がしはじめ
10曲目の想いはRain Rain
このときの衣装が個人的に今回のコンサートで一番好きかも。
白いドットの入った黒い衣装に白い羽織物。
(のはず。。。席が後ろの方だったので自信がないのと、服に詳しくないからボキャ貧すぎる)
かのんちゃんの曲は好き過ぎて順位がつけられないんだけれど
かなり上位の曲。(矛盾
Birthの曲は歌われないのもあるだろうなぁと思ってたので
聴けて本当にうれしかった。
その次は、君色ラブソング。
正直イントロが流れた時は「あれ・・?これ何の曲?」と
若干ぽかーん状態。
「アイニージュー」と聴こえた瞬間
ポカーン状態からぐわっとテンションあがったなぁ。
この曲ホントすき。これもかなり上位。(矛盾その2
かのん100%のときのED映像もすごい好きで
あのパステル調?の映像素晴らしい。

君色ラブソングのあとだと
やっぱり聞けてうれしかったのが
YES-TODAYとウラハラブかなぁ。。。
ホント大好き。特にウラハラブ。
ウラハラブは歌詞が特に好き。

そして二回目の映像。
Shining Starのときの横断歩道を渡るシトロンの3人の映像から流れ始め
会場中がシトロンの登場を期待したんではないだろうかw
この映像はかのんちゃんの歴史だった。
1回目のアポロナレーションの映像は
かのんちゃんというより奈央ぼうの歴史というか。
この2回目の映像をみて
これはかのんちゃんのコンサートであり
奈央ぼうのコンサートでもあるのかなぁと思った。
ステージにいるのはかのんちゃんなんだけれど
かのんちゃんを2次元から3次元へつれてきてくれる
奈央ぼうのコンサートでもあるのかなぁって感じ。
うまく言葉にできない。
シトロンを期待してる中映像が進み
ステージに突然穴が開いた!!w
みんな来たか・・!と思ったかな?
僕は思いました(

結果はらぶこーるをピアノで弾くかのんちゃんが登場。
これ驚いたなぁ・・・
ここで、このコンサートは間違いなく最高のコンサートだと確信した。
らぶこーるは1stの映像見たときも、ジョイコンのときも泣いてたんだけど
今回一番泣いた。
とにかくすごかった。素晴らしかった。
この日のためにピアノを1年半練習したらしいです。
毎回、奈央ぼうの努力には驚くし、敬意を払う。
これだから、かのんちゃん、奈央ぼうファンをやめられないんですよ。
らぶこーるからの、愛・おぼえてますか。
まさかカバー曲も歌うとは・・・
驚きと感動とでもう胸がいっぱい。

そのあと2曲バラード系が続いた後
最後はテンションあがる曲で締める。
会場でずっとコールしたかったLOVE KANON 最高だった。
会場が一気に夏に変わる夏色サプライズ 最高だった。
かのんちゃんの代名詞。どんなところも制圧できるであろうハッピークレセント 最高だった。
今回も中川かのん後方防衛半の方たちの尽力もあり、会場が黄色に染まり、アニメを再現する
ハッピープレゼント企画、成功しましたね。
ジョイコンのときも席が後ろの方で、今回も後ろで。
でもこのときは後ろの方でよかったなぁって思う。
会場が黄色に染まってるのがちゃんと見えるから。
舞浜を完全に制圧できた。

そしてアンコール前最後の曲のダーリンベイビ。
1stの映像見て本当にうらやましかった1曲。
やっとできてうれしかったなぁ・・・
ただ今回はサイリウムの色がオレンジで染まるってことはなかったですねぇー
ピンクも結構いました。
それだけ新規のファンが増えたってことですね。
うれしくもあり、寂しくもあった瞬間でした。

なーかのん!コールでアンコールを呼びかけ
再び登場かのんちゃん登場!
なんとカバー2曲目の想い出がいっぱいを歌ってくれました。
この曲もまたいろいろリンクしすぎだよねぇ・・・
若木先生の選曲ホントにすごい。

そしてホントにホントの最後、歩いていくもん
MCからもう号泣でした。
ここはかのんちゃんではなく
完全に東山奈央だったかな。
いつもはらぶこーるの前にやる自分語りを
今回はここでしてました。
「私はかのんちゃんになれない。でもならなくていい。かのんちゃんの隣に輝ける星になれるように――辛くてどうにかして忘れたい、そんなときこの曲を聴いてください。かのんちゃんは私の中に、みんなの中にいます。この曲はかのんちゃんと、私と、皆さんの歌です。」
一言一句正しく覚えてるわけではないですけど
本当にこの子は、キャラに対して、曲に対して真剣に向き合って頑張る子なんだなぁと。
かのんちゃんが東山奈央でよかったなぁと思いました。
歩いていくもんは最初に聴いたときもいい曲だなと思ったけど
このコンサートで聴いて、ようやく歌詞の意味を
この歌の良さを本当の意味で理解できた気がした。
この曲は僕の中で、ここで完成された曲だった。
もう声でるの耐えるぐらい曲中ずっと泣いてた。
笑顔で終わりたかったけど無理だった。
本当に最高のコンサートにしてくれた。
きっと一生の宝になる曲に変わりました。


コンサート自体の感想はこんな感じかなぁ。
あとはそのあと思ったこととか。

左の方で騒いでたやつ、正直鬱陶しかった・・・w
黙って聞けと思ったりもした(
それとお水の件やりすぎな。

音楽ライブとして期待してたところに生バンドでなくて
正直どうなんだろうと思っていたところ
かのんちゃんが「ショー」という言葉を使ってた。
とてもスッキリした。
ツイッターでのメッセージでもパンフレットでもショーという言葉を使ってましたね。


今回のフラスタ若木先生のとなりに桂木桂馬からきてましたね。
誰ですかこんな粋なことしたのw
これ見てるときびっくりしたのが
後ろにいた2人の会話。
A「桂木桂馬からきてるぞww」
B「誰だよw」
!?!?!?
これは驚いた・・・
神のみファンではなく、きっとこの人は
東山奈央のファンとしてきたんだなぁ・・・
みんなお金払って来てますし、文句とか言える立場じゃないんですけど
ちょっとさみしかったですねぇ・・・
やっぱり、神のみファンに見てほしいなぁと思ってました。
サイリウムの色やコールが揃わないときもでしたが
それだけ時がたって、奈央ぼうの人気がでたんだなと実感した瞬間。
うれしさと寂しさで不思議な気持ち。
3rdがあったとき、この人たちがもっと神のみを、かのんちゃんを好きになってくれてたらいいなぁと思いました。


「かのんちゃんは概念なんです」
最後のMCでそう切り出して語り始めたわけですが
ジョイコンのパンフレットでもかのんちゃんへ向けてのところで
かのんちゃんを「演じれば演じるほどとても高いところにいると感じる。今はまだ・・・自ら光を放ち始めたかのんちゃんがとても、とても眩しい」と言っていて。
それが今回のMCのときも変わってなくて。
でも少し成長していて。
きっと、僕が思うよりも奈央ぼうが思うかのんちゃんってのは
もっと輝いているんでしょうね。
その輝きをどうしたら完璧に現実にもってこられるかを
どれだけ真剣に考えて、どれだけ練習して頑張っているかというのを
パンフレットの音楽スタッフとかのコメントを見たり
らぶこーるの弾き語りだとかで思い知らされます。
きっとそれでも想像するより遥かに頑張ってるのだろうけど・・・
それでもパンフレットには「もし、今日の私が少しでも明るく光って見えたら、それは皆さんがつけてくれた灯です。」
と書いてある。
もう個人的には、ほとんどかのんちゃん=東山奈央で。
この頑張りとか謙虚な姿勢とか、そいういった尊敬するところがたくさんあって
だから東山奈央自体が、もう輝いてるように見えます。
きっとこう生きるべきなんじゃないかなとか
そのぐらい大層なモノを抱きながら東山奈央という声優を見てるのかもしれないです。

アイドル論とか語れるほどアイドルに詳しいわけでもないけれど
きっと輝いてて、人に勇気とかあげられるのがアイドルで
かのんちゃんからはそれが伝わってきて。
これがアイドルなんだろうなぁと思った。
僕の中でのアイドル定義というか
根底になるものが「中川かのん」になりました。


ステージに居たのは紛れもなくかのんちゃんだったけど、
時々見える東山奈央も、それも含めてかのんちゃんだなぁという
コンサートでした。


集大成という言葉だったり、コンサートの雰囲気から、かのんちゃんが終わるんじゃないかという予想をしてる人も結構いるみたいですね。
僕は終わるというより、一区切り。
終わるという言葉を使うなら一旦終わり。
そんな印象。
アニメを3期もやって、連載ももう7年目ぐらいです。
いつ終わってもおかしくないなぁとは思ってます。
きっとアニメ4期やるにはすごいパワーが必要ですし、
現実問題、資金が必要ですよね。
それでも、4期を期待してるし、
3rdコンサートも期待してる。
3rdアルバムをまだかまだかと待ってます。
ファンにできることは、サンデー読んでアンケートだしたり
コミックスやCD、DVD等を買うことです。
売れるとわかっていることを、やらないはずがありません。
まずは原作ですね。
原作が続いてる限り希望はありますし。
続いてほしい人はちゃんと買っていってほしいなぁと思います。
かのん伝説が再びあることを信じています。

ここまで来るともはや宗教っぽい感じもして
どうなんだって思う人も居そうですけどね。
個人的には好きなモノってそいうものだと思ってるので全然かまわないですが。



最後に
今回も中川かのん後方防衛班の皆さんお疲れ様でした!
個人的にはかのコンにはもう欠かせないものですね。
今回は法被の対応もしていただいて大変感謝しております。
とても良い記念になりました。
いつかまたこの法被に袖を通せると信じて大事にします。
また3rdのときヨロシクお願いします!

今回はアフターも参加させていただきました。
幹事さんや、副幹事さん。店員のお手伝いをしてる方。
大変お疲れ様でした。
時間の関係や体力的に最後まで参加できず、残念でしたが
楽しい時間を過ごさせていただきました。
絡んでくれた方ありがとうございました!
また他のイベント等でご一緒しましたら、そのときはヨロシクお願いします。

まだまだ考えがまとまってなかったり、言葉にできないこともたくさんありましたが
グッズも全部買えたし、ブロマイドも全部手に入れたし、
コンサートの内容も素晴らしかったしで
とにかく最高の1日でした!


とりあえず3月3日のラジオまで、否2ndの円盤見るまでは生きます!!

―――――――――――――――――――――――――――――――
2ndコンサート記念に描いたかのんちゃんと奈央ぼうの絵
かのんちゃんの衣装の描きわすれがあることは内緒。(
構図は13巻のアポロとかのんちゃんからでした。

奈央ぼう&かのんちゃん


UQ HOLDER! Stage.20-23 感想


久しぶりにUQの感想を。
19話以降ずいぶんとさぼっちゃいました。。。
これからは書きたいときにまとめてと言う感じになりそう・・?


というかもう感想かくことないのですよね(
面白いと、面白い以外の感想でてこないので書くことがないのです(
そう!つまりは面白い!
夏凜戦の眼帯の変態っぷりがいいですね(
気になる話はやっぱり、眼帯が話してた夏凜の昔話でしょうか。
1492年・・?
エヴァちゃん昔なにしてたのよー
そんな前から不死者の集まりっぽいのつくってたのか。
気になるよー 気になる―
夏凜の力も詳しくはわかりませんね。神の愛・・?

そんでもって20話はでちゃったよ!
闇の魔法っぽいのww
刀太なんでもってんのーw
腕の形なんかごついしーw
とか思ってたら
案の定、闇の魔法らしかったww
復活した刀太超強いね。
バトル超熱くなってきたね。

そして23話
熱いバトルのなか始まるわけですが
カイト普通に高レベルクラスの強さじゃ・・
それについて行ってる刀太のナゾの戦闘勘・・・
ネギとは対照的な少年漫画の主人公っぽい主人公ですねw
序盤の戦闘でこれだけすごい感だと後々どうなるんですかね。
魔法使い出したらもっとすごくなるのかな?
今使ってるの基本瞬動だけだしw
最後にみせたカイトの本気の瞬動―閃穿断―
音速を超えるだと...
序盤の敵とは思えないぐらいすごいじゃないですか・・・
さすが不死者を相手にする戦闘はすごいです。
音速ってどのぐらいかと思ったら340m/sですか。。。
閃穿断とかすげぇ名前だから
雷速瞬動にもしや勝っちゃってるんじゃ・・?とか思ったが
雷速瞬動は150㎞/sでした((
やっぱり桁が違うやw
カイトくそつえぇ。もしや最強クラスとか思っちゃったが
まだまだでした((

最後は心臓つぶされた刀太の闇の魔法がまたもなにかありそうな感じでおしまいですね。
ネギま終盤の戦闘を凝縮したって感じがしてます。
戦闘も気になるけど、闇の魔法関連のことがかなり気になりますw

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
ちまちま絵描いたり同人活動したり。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Twitter
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。