スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UQ HOLDER! Stage.5 感想

こんにちわ

UQ5話は
温泉で雪姫とバトル!
九郎丸と一緒に温泉入って
女湯覗こう!!っていう
昔からの定番ネタ
逆に最近じゃ見ない気がするネタですねw
温泉とか
川での戦闘はもうおなじみですねー
九郎丸のと出会った時もですしw

ちなみに僕いまだに
九郎丸女説を捨てきれていないのですが...
いや、だってねぇ?
ち○こ確認できてないみたいですし
まぁ名前九郎丸なんて名前ですから
男なのかなーとか思っちゃうけど。。。
反応も女っぽいし(
まぁどちらかというと
男の娘系キャラなんですかね。

九郎丸が
雪姫は本当にエヴァンジェリンかという
疑問を口にしていましたね。
たしかに、、、
橘でしたっけ・・・
一話のあいつに苦戦したこともあるし
まぁ読者もちょっと疑問に思うところ。
(一話に関してはブレスレットで魔法が使えないとか
そーゆーことがあったからといえばそうなんだけど・・・)

まぁそんな疑問を聞いて
強さ証明(?)+雪姫がバスタオル取れたら裸体をみせてやらんこともない
というサービスシーンもあるかも?
という一石二鳥なバトル発生。

雪姫は最初から魔法使いましたね。
フェイトの石の槍たくさん出す魔法の
氷バージョン。
「即席のアプリなどではない、古の魔法を見せてやろう―――」
てきなこと言ってましたね。
もう詠唱するのは
古の魔法ってことなんですね。。。
そしたら「千の雷」とか「燃える天空」とか
どーなっちゃうねん!
って思ったけど
別物ですよね(

まぁなんやかんやで
最後雪姫のバスタオル取ったところで
終わり。

来週はサービスシーンなのかな?
刀太&九郎丸が
コテンパンにされる気がしてるけどw


それにしても
スローテンポというか
ゆっくり進む話ですね・・・
最終的な目的らしきものは
一応わかってるような感じですが
王道ファンタジーにしては
いささかゆっくりすぎる感。
読者ちゃんとついてきてるのかなー・・?
赤松先生クラスの作家さんだから
できるって気がする。
バクマンでも
「ゆっくり主人公が成長する話は描けない」
(かなりうろ覚え)
とか言ってた気がしますし、、、
ちゃんと続けられるぐらいの
人気があるか不安・・!

とりあえず忘れがちなアンケートだします、はい。



スポンサーサイト

神のみぞ知るセカイ女神篇 最終話 感想

終わっちゃいました。
長いこと待った神のみ3期も
あっという間に終わってしまいました。

終わった後は無気力というか
放心状態というか
なんだかぼーっとして
無駄に寝る時間が遅くなりました。
おかげで盛大に寝坊((


さて感想。
自分でもよくわからないが
始まる前からすでに泣きそう。
なにこれ(

本編は
OPなしで始まりましたね。
序盤からすでにクライマックスで
ハクアとリューネの戦闘シーン。
リューネが斬られたところは
漫画の方がエロかったかなーw(

そんでもって歩美再攻略のエンディング!
歩美との結婚シーン!
歩美かわいいですねー
桂馬とのやりとりで意地になってた歩みを
後ろから押してあげるちひろ...
ちひろいい女すぎだー・・・
「私と結婚しなさい!」のシーンは
やっぱりいいですねー
原作の方でもかなり好きなシーンです。

無事メルクリウス復活で
捕まったヒロインや女神の復活も
原作よりもシーン追加して
丁寧になっててよかったです。
封印シーンもかっこよかった!

エルシィがでてくると安心するね!
エルシィ最高。
かな恵ちゃん最高。
一家に一人エルシィおくべきだよ。
世界は平和になる(確信)


Bパートの
シーン追加すばらしかったなーという思いと
辛さが増えた感で複雑な気持ち・・・
「ちひろは関係ない」と言った後に
桂馬の辛い表情が追加されていたり、
桂馬とバイバイするときの
ちひろのシーンとか。
どんどん辛くなっていくんですが・・・

ラストのライブシーン
ちひろは女神を見たとき
何を思ったんでしょうかね。
驚いた表情から
戸惑いというか、悔しいというか
そんな感じの表情に変わるんですよねー・・・
自分の中にもいてほしかったんだろうな・・・
自分も特別になりたかったんだろうなー
自分自身じゃなくても
自分の中の別の何かでもいいから
桂馬に見てほしいというか
「関係ない」ではなく
関係していたかったんだと思う。
もともとちひろは
普通なことがコンプレックスだったわけだし
女神たちを見て
やっぱり自分は特別ではないことを再確認しちゃうわけですよね
でもちゃんと
最後桂馬には輝いて見えていたよ・・・

そういえばライブシーンは
原作だと歌の途中から
かのんちゃんが登場してましたが
アニメだと冒頭からでしたね
どちらかというと原作の登場の仕方の方が
好きなのですが
レコーディングとかの関係もあるのかなー

最後の桂馬とちひろの泣くシーンは
文句なしのすばらしいできでした。
はい、辛いです。


ライブシーンで終わるかと思ってたら
エピローグで
20巻の最初のところが
ちょっと変えてやりましたね

麻里さんでてきたときに
テンションあがったけど
桂馬の様子見て死んだわ。

原作の方だとなんだか
ギャグっぽくしてたけど
アニメだともろ引きずってる状態じゃん!!
ちょっとー!?
原作よりアニメの方が重いんだけど・・・
エルシィの最後の微笑もつらいよ!!

でもコイノシルシ流れたのはうれしかったですね
やっぱりいい曲です。
女神篇OPの最後はGod only knowsにつながるよう
作られていましたが
アニメも最後のシーンと
1話の扉あけるシーンとであわせていたり
アニメならではでいいシーンです。
まぁ桂馬で死んだんだけど。
最後タイトルで終わるのも好き!
かっこいいです!
God only knows -Secret of the Goddess-
の最後の部分もあわせちゃったりして
まじかっこいい。
神のみ曲いいね。
BGMの入れ方ホント好き。


総じて女神篇すばらしかったです。
辛さ最後辛さ1.5倍ぐらいになってたけど
面白かった!

ぜひ、飛ばしたヒロインのアニメ化を!
過去編もアニメ化してほしいかなー
今原作でも桂馬まだ
完全復活はしていないけれど
きっと復活するし、
アニメでも元気な桂馬で終わってほしい。



―――――――――――――――――-

※以下否定的な意見を含みますので見たくない人は
見ないでください。


えー
めずらしく否定的な意見をちょこっと・・・


え?
来週マジカルかのん100%やるんですか???
いやいや
女神篇いろんなシーンカットしてるんだから
13話でやったらいいじゃん?
なんで??
いや、かのんちゃん大好きだし
マジかのやるのはいいけど・・・
なんだかなーって気持ちが大きいよ・・・
フィオーレとかカットしなくてもよかったんじゃないの?
それとも12話だからこそこのテンポと
クオリティを保てなのかな・・・?
うーん・・・
だとしてもなら最初に
天理編をやったらよかったんじゃ?
いや、天理編上下で1時間だから無理か・・?

まぁうだうだ言っておきながら
来週になれば
「かのんちゃんが地上波制圧だ!!!」
とかいって喜んでそうだけど。

うれしいけど
複雑な気持ち。
OVAをテレビでやるってのも
なんだかめずらしいよね。

女神篇のBDに収録されるのかな?
コミックスについてきたのは
DVDだし
収録されるなら素直にうれしいです


―――――――――――――――――

以上、感想!
寝ないで書こうかと思ったが
うまくまとまらなくて
今になって書いたけど
ちょっとはましにまとまっただろうか・・・

まだ原作も続いてるし
かのんちゃん2ndコンサートもあるから
神のみまだまだ熱いね!

とりあえず買ってきた
「初めて恋をした記憶」聞かないと・・・


※9月26日追記
公式サイトのBD情報みると
12話までの収録で終わってますね。
マジかのは収録されなさそう・・・
残念・・・



UQ HOLDER! Stage.4 感想

こんにちわ
UQ4話の感想でございます
とりあえずこの感想
3話坊主にはならなさそうでよかったです(

さて、本編ですが
3話最後に雪姫に腹貫通させられた九郎丸ですが
僕個人の予想としては
身代わりの紙型とかデコイで
九郎丸が切り抜けると予想していたのですが
九郎丸が不死者というオチでしたね。。。

九郎丸がお偉いさん(?)にエヴァを倒してこいと
言われる回想からはじまり
本編は雪姫が九郎丸と戦う条件として
「刀太を倒すこと」として
刀太VS九郎丸 です

この九郎丸、不死者ということで
なんだか地位が低い模様。
しかし驚いたことに刀太との戦いで
神鳴流「弐の太刀」を使いましたね・・!
ネギま!までは
神鳴流となれば、だれでも使えるわけでもなく
神鳴流の使い手はすくなかったはず・・!
さらに「弐の太刀」ともなると
神鳴流使いの中でも
宗家の青山ゆかりの者にしか伝承されない
奥義中の奥義だったとおもうのですが!
(まぁラカンは見よう見まねで披露しましたが・・・)

地位の低そうな九郎丸が
「弐の太刀」をつかったことにはかなり驚きですね
いろいろと仕様がかわってそうです・・・

勝負の内容自体は
刀太が不死性をうまく利用した雪姫の真似で
勝利しましたね
勝利して相手と友達になろう
まさに王道バトルものって感じ。


それにしたって
UQ HOLDER!
いろいろ最初からとばしているなーというか
不死とか神鳴流弐の太刀とか
ネギまでも後半大活躍というか
かなり上位位置というか最高級じゃないですか
4話目にしてばんばんでてきてますが・・・

1話の冒頭から
不死とかは世間に知れ渡っているというのはわかってましたが
なんだかこの感じだと
不死というのはめずらしいものでもなく
さらに「よくないもの」ということですかね
まぁ不老不死が嫌われるのは大昔から当たり前ですが、、、
まぁ不死がよくないもので、それほどめずらしくないもの
だとしたら
神鳴流弐の太刀は対魔には最強の技ですし
広く広められたのですかね・・・

神鳴流はいまどこにあるんですかね・・・
なんだか新東京以外はみんな田舎でー
って感じでしたし
京都にはないのかな?
いや、新東京に向っている途中に九郎丸に出会ったから
まだ京都か・・・?

うーん
この話の流れだと
メインの全員不老不死とか
そーゆー話だったりするんですかね・・・?
不老不死の研究なんて
始まりの魔法使いだけが成し遂げただけのはずですが
始まりの魔法使い級がたくさんいるの?ww
それとも時代ですかね((

ネギま自体謎が結構残されたまま
終わったので
どこまでリンクしてるんですかねー・・・

ということで本編の感想終わり。
最後に画の感想で終わろうかと

ネギまに比べて絵が違うとか
画力が下がったとかいわれてましたが
マガジン41号の「ちょっと盛りました」にて
赤松先生のインタビューで答えてましたねw
まさかマガジンの誌面で謎が解けるとわw

どうやら、UQは
「少年漫画らしさを追求したい」
とのことで
意図的にネギまとは変えていると。
背景をなるべく白で
人物も影少なめでシンプルな画面にしていると・・・
なるほどねー
たしか
トーンを使わずにベタのみだと
画面が暗くなって
重たい雰囲気になるとか
そんな感じのことをTwitterでも
かなり前に解説していた気がします。
(あとバトルものはコマ割りを大きくとか)

個人的には
影とか背景とかがすごくきれいだった
ネギまのほうが
赤松作品らしいというか
好きだったのですが
赤松先生が描きたいところは
シンプルな画面の少年漫画っぽいものなんですね

ネギまのころは画面の情報量が
ものすごく多かったので
いっきにシンプルになって
画力下がったと見られてしまうのかな?

作成方法変えたのは年齢的なものもあるのかな?w(
ネギまのころは
すごく時間も労力もかかる方法で
作っていたらしいですし。
(詳しくは赤松先生のウィキペディアとか見てくださいw)
ネギま後半は4週掲載して1週休みでしたしねー・・・
かなり大変だったのでしょう。。。

4話まで読んだ感じ
UQもなんだか設定が多そうw
ネギまは全部描いたら100巻軽く超えるとか
言ってたし、、、
UQもちゃんと連載続けば
長くなるんでしょうねー・・・
今やマガジンで2番目に古い作家さんですし
無理なく連載していただくことが1番です!


では今回はこの辺で終わり。


神のみ女神篇 5~11話感想


神のみ4話以降、感想を一切か書かなくなりまして
ついに11話まで来てしまいました・・・
来週最終回ということで11話の話をメインに
5話~10話の感想も書こうかな。
とかいって、1話1話ちゃんと書くことになることかもわかりませんが(

いやー
神のみ女神篇、展開が重いとか
辛いとか、飛ばされたシーン多いとか
まぁいろいろありますが
やっぱり、面白いですね!

前にも書いた気がしますが、面白いと
そのほかの感想があまりないというか
特に書く気がしないという謎の性格でして
4話まで感想書いてましたが
5話は都合もあって、感想書くまでの時間と
放送見終わった時間に結構な差があり
感想書かなくなってしまいました。
つまりどんどん面白さ増していったために
感想を書かなくなったのです!((

11話見た直後なんで一旦落ち着くために
まず5話の「ぱんちDEデート」から順に。

5話は結の再攻略でしたねー
部活の合宿とかさなり、民宿で他の部員が寝る雰囲気の中
無視してみてましたw(
いやぁー邪魔かなとか若干気をつかいましたが
やっぱり見てよかった!
結すごいね結!!
彩陽すごいね彩陽!!
4話終わった直後は神ねーさま回や!!とか
思ってたが、がっつり結回でした!
パセリもでてきたしw
1話が別アニメのような雰囲気でしたが
もう5話までくるといつもの神のみ感を感じれてよかったです。
内容もすばらしいですがEDの結感にやられたね
ホントにキャラクターが歌ってるって感じ!

次は6話の栞再攻略回!
栞相変らずいいキャラしてるww
あとなんだろう
スタッフの栞への愛をすごく感じたんですけど
私だけでしょうか?w
1期のときもだったけど栞回は力入ってるなーと
見ていて思いましたね。
BGMの入れ方がすばらしかったです!

次は7話
前回までは安心して見れてましたが
ここから辛さが頭の片隅に常に残る感じ。。。
お見舞いイベントで歩のブラが透けてた記憶ばかり残ってます((
あとこの回で久しぶりにエルシィや亮くんがでてきたんでしたっけ

次は8話
この回はメル以外の女神が集まって
アポロを呼び覚まそうとしてましたね
ひさしぶりのかのん&アポロ登場でテンションあがった!!
でも桂馬の風邪が治って
ちひろの攻略が進んでいったので
テンションあがったりさがったり(?)で忙しかった(
EDはひさしぶりのかのんちゃん!
しかも新曲「瞳からスノー」でしたねー
CMで映像ついてたので何事かと思ったら
EDの映像でしたw
かのんちゃんアルバムの宣伝が上手だなぁー・・・
買うしかないじゃない、、
宣伝しなくても買うけど・・・

続いて9話
8話の引きが引きだったので
序盤から辛いシーンでしたが
後半のエルシィと天理のかわいさで
思ったよりショックがなかったです。
あとこのあたりで女神篇面白いなーと何度目の確認だ
ってぐらい面白いなと再確認w
天理かわいいよ天理・・・

続いて10話!
ハクア回!!
ますますハクアが好きになった回ですね・・・
歩美にちひろを振ったシーン見られてしまって
なんとか歩美を再攻略しようと頑張ってる中
ヴィンテージに襲われてしまう桂馬たちを
颯爽と助けるハクア!
ねぇこれ神のみ??神のみ??とか思ってました(
だってめずらしくバトルシーンだからw(
ギラはちゃんとでてきましたねー
ハクアの凌辱シーンとかカットされたのは
ちょっとショックでしたが、、、
それでもすごくかっこいい&かわいかったので
OKですね!
NAKED GENIUSの入れ方がかっこよすぎるんよぉ・・・
音楽がすばらしすぎてかなり好きな回です。
EDもWith…you…の特別ver.
だからCDの宣伝上手!
もうちょっと宣伝臭しちゃってどーなの?とか思いつつも
やっぱりいい曲と聞いてました・・・

さて、長くなってしまいましたが
ようやく11話です・・・

11話はリューネのお偉いさん?との会話から。
リューネの声、個人的にはピッタリだなーと再確認です!
ハルカスいいねハルカス
歩美再攻略もクライマックスで
OP後は歩美のお風呂シーンから!
桂馬、歩美のおっぱいちょーみてたね!
うらやましい!(
ちひろの行動だったり
囮ノーラがやられたりは
展開知っているのに
ドキッとしましたねー
Bパートはドキドキしっぱなしですわ・・・
ちひろは歩美攻略のための手助けのために
歩美に桂馬がゲームしてるって
攻略を少しばらしたけど、
演技と本音が混ざってる感じで
もーつらいですわ・・・
辛いけど、やっぱり面白いです女神篇
テンポもよくてすばらしいアニメでした(
EDはキズナノユクエ全員ver.
ってことはやっぱり
最終回のEDは
「初めて恋をした記憶」2B PENCILS&中川かのんver.
ですかね...

はぁー来週みたくねぇー
いや、はやくみたいー
やっぱり見たくない(

ホントあっというまですねー
1クール
いや、2クールでもあっというまに感じるのだろうけど
11話終わった時に一番感じたのは
時間のたつ早さだったかも・・・
30分もあっというまだし
11話もあっというま・・・
3期決定を聞いてから
女神篇はじまるまでも長く感じていたのに
いざ始まる直前になれば
もう始まるのかって感じがしましたし、
いざ始まってしまえばもう終わりですものね・・・

面白さとか辛さとかも見てて感じましたが
時間たつのが早すぎてショックだった気持ちも大きかった(

4期というか
「神のみぞ知るセカイⅢ」やらないかなー
女神篇、もちろん面白いけど
通常の攻略を見たい気持ちが大きくなりましたね

女神篇のBDは発売延期になりましたし
発売するまで1、2期&OVAのBDBOX見て待ちましょうかね

UQ HOLDER! Stage.3 感想

UQ HOLDER!の3話の感想でございます。
○話ではなくStage.○だったんですねーw
今回から直していきますw

さてさて
今回は最初のカラーで出てたメインキャラの1人がでてきましたねー
今回出てきたのは「時坂九郎丸」
九郎丸はカラー見た最初の想像通り「神鳴流」でした。
神鳴流はみんなあの日本刀つかうのですなw

赤松作品ではおなじみだと思ってるのですが
川で水浴びしてるときに
主人公のラッキースケベ!
懐かしさを感じてたらまさかの男ww
いや、まぁ王道バトルものなら
普通なんですけど
いかんせん、作者が赤松先生ですからね
違和感だらけです((

そしてこの九郎丸くん
あっさり仲間になるのかと思ったら
「不死狩り」の一族だかで
いきなり刀太を斬りかかっちゃった!!
そこをエヴァが助け九郎丸に反撃
腹を腕が貫通したところで終わっちゃいましたが、、、
まぁ主要キャラでしょうし
死んじゃうことはないでしょうけど
どう仲間になるんでしょうかねー?


はてさて
またも疑問ですよ。。。
赤松作品おなじみの神鳴流・・・
なんですか不死狩りって、、、
ネギまのころにはなかったよね???
二の太刀とかがでてきたころに
魔を払うのが仕事とかうんたらは言ってた気がするど
不死狩りなんてのは初めて聞きましたねぇ
まぁなんだか
不死とか不死身とかが世間に広まった感が
ある世界なので
そういう一族がでてきたってことかな?
でもなんで神鳴流をつかってるんでしょう?
神鳴流はあまり簡単に教えないみたいな設定なかったでしたっけ?
神鳴流も広まったのかしら??

まぁ別の作品っちゃ作品なんだから
設定もくそもないのかもわからんが((

今のところ疑問は1つも解決されず
むしろ増えてくばかりですww

ってことで感想おわり。
今回は17Pだったので感想もあっさり(
今までのが多すぎたwww

UQ HOLDER! 2話 感想

なんだか、UQ HOLDER!の1話の感想を書いた時に
恐ろしいことに、日頃アクセスがすんごい少ないこのブログに
結構な数のアクセスがありまして、本当にありがたいことでした。



なんせ、アクセスこないと思って妄想たれながしというか
勢いで書いたものですので、折角アクセスしていただいても
何の参考にもならなかったかもしれないと思いますww
申し訳ないですw

まぁ今回はもう2話ですし、記事書く時間も遅いですから
アクセスされないと思って
いつも通り書きます((


さてさて、本題の2話読んでの感想です

正直、1話のときの盛り上がりは減った感w
まぁ今回はバトルもなく
刀太が雪姫に言わない自身の夢の話を
エヴァの姿でこっそり聞いちゃうって話ですから
これはこれでありかなぁー

で、新キャラの女の子でてきましたね
名前「忍」ですかww
ラブひなのときは「しのぶ」でしたが
意識してるのかなー?
それとも忍=忍者関係?
読んだ感じ一切忍者っぽさとかは感じなかったけどw
まぁたぶん関係ないんでしょうねーw

さて、新情報としては
「新五輪」ですかね

忍の夢は新五輪で行われる「太陽系一周・グランドレース」に出ることだとか
んで、刀太の夢は新五輪での開会式か閉会式で歌を歌うこと・・・

なんだか忍のほうがすごい感じしちゃうけどww
グランドレースとかこの感じはなんだか
ラスエグ銀翼のファムあたりをイメージしちゃいますね。w

てっきり、王道ファンタジーというので
がっつりバトルものだったりするのかと思ってましたが
違うのかな?
刀太は強くなることに興味もないようですし、、、
到達点がわかりません。
ネギまは「父親捜し」という目的がありましたが
今回はどう進むのでしょうかね?

というかこの忍って男?一人称僕でしたが。w
男の娘?それとも僕っ娘?


1話で感じた謎とかは2話じゃ全然解決されませんでしたねー
休憩話って感じがしたwこの感じでいくのでしょうかね?
といってもカラーで書かれた主要人物はまだでてきてませんし
ここからまだ展開していくのでしょうが・・・
カラーだとバトルものっぽいですしね。w

それにしたって2話で既に124ページですか
もうコミックス1冊分近くになってるんですけど・・・w

来週からはページ減るでしょうし、テンポよく進むのかな?
このテンポだと結構長く連載しないと
なかなか終わらない気がしますけど・・・

まぁまだ2話ですし気長に待ちましょうw

最後に今回気になったのは
エヴァが雪姫の姿になるために
年齢詐称薬をつかってたこと!
エヴァは自力で姿かえてましたよね?
年齢詐称薬つかってましたっけ・・・?
魔法が使えないわけでもないですし、、、
年齢詐称薬のほうが簡単とか?それとも年齢詐称薬のほうがすぐれてるのか?
特に意味はないのかな??


この夏最後のイベント!


はやいもので、本当にはやいもので
もう9月ですね・・・
楽しかった夏も、もう終わりです。
いつも夏が楽しいなんて思いは特にしないのですが
この夏はいろいろなイベントに参加できて本当に楽しい夏でした。

と、その楽しい夏のイベントの最後は
昨日、公開された「劇場版あの花」と
今日受けてきた「第1回 化物語検定」
そして検定後急いで行った「<物語>シリーズ原画展~あららぎパビリオン~」


まずは昨日朝一で見てきた「あの花」の感想をちょこっと。
いつも通りネタバレありです。見ていない方はお気をつけて。

内容は、めんまのお願いのあの夏から1年後の
超平和バスターズのお話。それぞれがあの夏とめんまとの思い出を振り返り
めんまへの手紙を書いて秘密基地に集まる。
メインはそれぞれ(めんまを含む)の視点から振り返るあの夏の話。
そこにちょっと1年後の超平和バスターズの様子が描かれていますね。

きれいにまとめられていたし、1年後の様子がわかるのもいいですね!
TV放映版を見て泣けたというかたなら泣ける内容なってるんじゃないでしょうかw
私はちょっと泣きましたw隣の方は結構泣いてましたがw
TVで最初に見たときは号泣してましたが、それから何度か見てるってのと
映画館ってのでそこまでは泣きませんでしたねー
今回の劇場版で一番すきなのはエンディングはいる前の
めんまの弟と母親のやりとりですかね。
ありきたりといえばありきたりのシーンでしたが、好きなシーンでした!

他はつるこが思った以上にかわいかったのがイイネ!!w
あなるかわいいなー!とか思ってそこメインってぐらいに行ったのに
個人的にはつるこにやられたわ。
あなるも、もちろんかわいかったですけど!

まぁ結局まとめると面白かったです!
になります(
ボキャ貧なんで、結局いつも面白かったでおわるんだけど(


まぁここから先はより個人的な感想で
あの花の映画の感想ってわけじゃないんですけど
そして比べるものでもないかもしれないですけど
あの花より花咲くいろはのほうが泣けました!w
まぁここで比べる理由は脚本が同じ岡田麿里さんだからってだけなんですけど

私があの花よりいろはの方が好きってこともあるでしょうが
やっぱり新作だったのがいろははでかいんですかねー?
まぁ特にこの比較にも意味はないんですが
どっちも面白かったしww
ただ個人的に映画見てて思ったことを書いただけです、はい(
(なんだかですけどばかり多くてアホっぽい文章書いてるなぁw)

岡田麿里さんは、あの花といろはぐらいしか知りませんが
なかなか急展開な話を書きますよねー
あの花もいろはもどちらも急展開すぎるだろ!って
私も思ったところはあります。
そこでついて行けない人は「は?」ってなるんでしょうがw
それでもちゃんと泣ける話なんですよね
不思議ですw(

とかまぁなんだか最後なんの話って感じですが
あの花の感想は終わり!
TV版好きな人は見て損はないと思います!



でもって、本当にこの夏最後のイベントの感想!

今日は「化物語検定」と「あららぎパビリオン」にいってきました!
化物語検定は2&3級の併願で受けましたよー
会場について、自分の座席に行ったら
渡辺明夫さんの描いた戦場ヶ原&サイン&神谷浩史さんのサインの
書かれたペーパーが!!

これがそのペーパー!
IMG_0734.jpg
(ちょっとブレてるけど・・・)

ひゃっほーい!!これだけで十分うれしいですなww
受験者特典のプレメモのカードは正直どうでもよかったので
このペーパーは非常にうれしかったw

そして試験場の注意は阿良々木くんがやってくれましたねー
「文房具は武器ではありません」や「阿良々木とかいてゴミと読むのかー!?」
と化物語っぽい感じになってましたww

肝心の試験内容は
3級はまぁ原作読んだ人なら合格できるんじゃないかなという感じ。
ちょっと難しいものもありましたがたぶん受かってるでしょう・・・
2級はちょっとびっくり、3級よりだいぶ難しくなった感!
アニメの内容も入ったってのもありますが、
原作の方の問題も3級より難しかったような・・・
2級はうまくできてれば合格できるはず・・・
でも自信のない問題が多いから不安です・・・
もっと読み込んで、アニメもじっくり見るべきでした。
ちょっとなめてたなーw

問題内容はどうなんだろ・・・
あんまり公開しないほうがいいのかな?
わからないのでここでは書きません。
問題用紙は持ち帰れたので答えあわせしてみよーw

ちなみにアナウンスは2級と3級で同じでしたねー
最初の2級というか3級というかが違うだけでした。
ここ2級と3級で変えてくれたらもっとうれしかったんですけどね
受験者はほとんどの人両方うけてるでしょうし。。。
アンケートにかけばよかったかなw


受験が終わったのが15時!17時までの原画展に急いで向かいましたー
壁に大きく原画がプリントされていたり、
黒齣壁や白駒壁、猫耳のついた白駒壁もありましたw
写真撮影可能なところもあったりして
面白かったですーw

下書きの方がうまく見える、みたいな現象は
下書きの方が線が多いため、情報量が多くてうまくみえる
なんてことをネットで見た気がしますが
アニメの原画ってのは線もすくないし
色もちゃんとついているわけでもない
それなのにすんごくうまいんですよねー・・・
さすがプロだなーと
つくづく思いました。


最後に物販!
コミケで販売されたという
KEY ANIMATION NOTEなるものが!!!
ちょっと高かったのですが思わず買ってしまいました・・・
それとポストカードを買いたかったのですが
レジでお金が足りないことに気付く・・・
人生初体験でした・・・
超はずかしかった・・・・
言い訳すると、5000円札かと思ってたお札が2000円札だったんです!w
だっていまどき見ないじゃないですか・・・
実家には旧札とか好きで、2000円札もとっておいてありますが
まさか財布の中にあるなんて・・・・
Suicaのチャージのおつりできたんですね、きっと・・・
うぅ・・・
結局 KEY ANIMATION NOTE だけ購入して帰宅。
ちなみに入場券は納涼セット買ったので、お土産はその2点ですねー


いやぁー本当、自分にしてはよく動いた夏だと思いますw
いろいろなイベントに参加できて楽しい、熱い夏でした!
おかげで財布は超寒いです!!!
夏も終わったことですし
中高時代を思い出し、節約してこれからを過ごしますw

最後にあららぎパビリオンの写真をと思ったけど、
量が多いから一部だけ(

入口
IMG_0709.jpg

お化け屋敷
IMG_0719.jpg

お化け屋敷その2
IMG_0727.jpg

(相変らず写真は下手です)

行間詰めてみたけど、結局長くなってしまった。。。
そろそろ絵も描いてあげないと
ただの感想ブログになってきた(



プロフィール

竜崎

Author:竜崎
ちまちま絵描いたり同人活動したり。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Twitter
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。